3世帯のうち1世帯はペットを飼っている状況。

いまや、3世帯のうち1世帯はペットを飼っている状況。身内にペットを飼っている人は必ずいるでしょう。ペットもまた家族の一員。長年苦楽を共にするペットはどんなことがあっても守り抜きたいものですね。

家族がペットの行動を見ているように、犬もまた、家族の行動をみているものです。みなさんも御経験あるかと思いますが、他人のあくびを見て、つい自分もしてしまった。あくびが伝染した記憶はあるでしょう。見知らぬ人のあくびよりも親しいヒトのあくびの方がうつりやすく、長年、人間と共に生活をしてきたペット(犬)でも同じような現象がみられることがあります。

特に飼い主との絆が強ければ強いほど、犬にあくびがうつりやすい傾向があるそうです。犬にあくびがうつることがどうしたの?と思いますよね?他人の感情を適切に処理する能力が求められる作業犬としての適性を判断する際に、人から犬にうつるあくびが役に立つ可能性があるとではないかと考えられています。さて、家族の一員である、犬の前であくびをしてみましょう?

もしかしたら犬との絆がわかるかもしれませんね。ただ、犬の環境や状態によっては、あくびが伝染しないこともありますので、あくまでも参考までに。

最近、隣の車が新車に変わりました。今までbBに乗ってたのにどうしたんでしょ?今は、アルファードに乗ってます。お金ないって言ってたのに、くじでもあたったか?

参考 → bB 買取相場